指ぬきとシンブル   指ぬき土台作り  指ぬきかがり   ホーム
  指ぬきの基礎 土台作り               
  土台作りは身近にある材料を利用します。
バイヤス布  2.5cm×8cm
 目が詰まっていてしっかりしていてあまり
 厚手でない布地、ブロードのワイシャツぐらい。
 不要になった洋服や和服の切れ端等を切る
巻き糸  巻きすべらない木綿風のもの
 滑らかに巻ける木綿糸、ロックミシン糸
 極細毛糸、#25刺繍糸等を巻ます、
紙テープ 1.1〜1.2cm×30cm 紙筒の3〜4巻の長さ
 画用紙ぐらいの厚さの紙、古カレンダー
、雑誌の表紙等  薄目の紙は0.1pの厚さになるまで巻きます。
かがり糸  細めの糸、縫い糸 ミシン
 絹手縫い糸、#25番刺繍糸 ファイン手縫い糸 #50ミシン糸

カレンダー等の紙を切って幾重にもきつく巻いて指と同じ太さの紙筒を作る
 いろんなサイズの太さを作っておく


指ぬきスケールを使って
サインペンで等分の印をする



扇状に製図してに好みの太さのスケールが手作りできる


指ぬき土台作り動画をご覧ください




2006年
等分が簡単に出来る
指ぬきスケール考案

加賀の指ぬきと花手まり帖
に指ぬきスケール掲載



 

ゆびぬきスケール(7等分)
 フリーソフトのキャドやイラストレーターでかけます。コピー用紙に印刷します。厚紙より輪の内側に沿って印が付けやすいです。
13等分は1つ少ない赤点線で糊付けします。
15等分は糊代側に線を引いて増やせます。。